クリアネオの成分

ワキガや体臭に効果がある成分を徹底解剖!

 

効果があるのはわかったけれど、じぁ一体どんなものが使われているの?入っているの?
というのも気になるところ。
「臭いは消えたけれど、肌が荒れちゃった」なんてことになったら嫌ですからね。

 

まずは殺菌成分
イソプロピルメチルフェノール

 

成分は安心できる?すべての成分を徹底検証!

 

「クリアネオ」の殺菌効果を実現させているのがこのなんとも舌をかみそうな
「イソプロピルメチルフェノール」という成分です。

 

聞き慣れないこの成分、一体何なのか調べてみました!

 

イソプロピルメチルフェノールはかなり強い殺菌効果があり
消毒剤や防腐剤などに用いられることがあるそうです。
もちろん、そうなると気になるのは「そんなもん塗って大丈夫なの?」ってことですよね?

 

調べていくと人に害があるわけではなく、低刺激で非感作性で無色無臭。
臭いの元となる様々な菌、水虫、O-157などにも高い効果を発揮するそうです。
もちろんワキガの臭いの原因菌にも効果は絶大です。

 

このイソプロピルメチルフェノール、厚生労働省で使用量を、
化粧品には0.1%以下、医薬部外品には1%と定めています。

 

「クリアネオ」もこの基準内に成分が配合されていますので、
肌の心配は皆無と言っていいでしょう。

 

クリアネオに限らずこのイソプロピルメチルフェノールを用いたもので
アレルギーを引き起こした症例はないそうです。

 

さらにこのイソプロピルメチルフェノールは水に溶けにくい性質があります。
なので汗に流されにくく効き目が持続するということなんですね!

 

 

制汗成分
パラフェノールスルホン酸亜鉛
成分は安心できる?すべての成分を徹底検証!

 

ますます難しい言葉が出てきました。なんだか科学の授業みたいですね・・・
より「クリアネオ」について知りたいという方のために頑張って調べました

 

まずこのパラフェノールスルホン酸亜鉛というのは金属塩とあります。
「え?塩なの?」って思うかもしれませんが塩と字にあるだけで塩ではないです。
金属塩について説明しだすと、どうやら本当に科学の話になりそうなので
割愛させていただきますが、ミネラルに近いようなものだそうです。

 

このパラフェノールスルホン酸亜鉛は「汗腺を収斂する効果がある」とありました。
またもや意味がわかりませんよね・・・収斂(しゅうれん)って初めて見たし。
でも、さらに諦めず掘り下げて調べましたよ?!
収斂とは「異なった性質の差異をなくし同質化させること」
ふむふむ。

 

つまり要約するとですね、このパラフェノールスルホン酸亜鉛は汗に含まれるタンパク質を
金属塩化させて凝固させる成分です。

 

もっと砕いて言えば「汗が出てきたら俺達が固めて汗腺にフタしちゃうぜ!
という成分です!
確かに汗が出なければワキガの臭いも発生しないので、とってもありがたい成分ですね!
おわかりいただけたでしょうか・・・?

 

7つの自然由来成分
クリアネオにはその他にも
渋柿エキス、セージ、芍薬、アマチャ、ユキノシタ、海藻、ドクダミ
の7つの自然由来成分が入っており
中でも渋柿に多く含まれるカキタンニンはその消臭効果、殺菌効果は有名です!

 

成分は安心できる?すべての成分を徹底検証!

 

セージは抗菌作用があり感染症用などにも効果的です。
それと肌を引き締める効果があり抑汗作用も期待できます。

 

芍薬は血行を良くする効果があり肌のターンオーバーを早めてくれる効果が期待できますね

 

アマチャには抑臭効果もあるんですがアレルギー症状を抑える効果もあります
保湿効果もあるので美容の面から考えても良さそうですね

 

ユキノシタは湿疹やかぶれを治すのに昔から用いられているので
脇などの脱毛、除毛処理後などに優しくケアしてくれそうですね

 

海藻には保湿効果と修復力を高める効果がありますので
肌がちょっと荒れていたりしたら守って直してくれるというイメージですね

 

ドクダミは皮膚疾患全般に効果があり効能を上げていくと血行促進から便秘まで
きりのない昔ながらの万能薬ですね
ニオイケアで嬉しい効能はデトックス作用があげられます

 

成分は安心できる?すべての成分を徹底検証!

中古パソコン  パソコン  PVランキング 車の乗り換え相談所 Access Up Avenue フラッシュサイト石見百景